自衛隊小話②100キロ行軍

Mori Factory

いつもMori Factoryのブログへ遊びにきていただきありがとうございます😊

本日のタイトルにもありました、「100キロ行軍」とは??
ワードを聞いただけでゾッとしますよね(笑)
文字通り、100キロを群を成して歩くんです😂

100キロを歩くのは・・・何日でと?

100キロを歩くのは、72時間で歩かないといけない決まりがあるんです😂
一体なぜこんなことを三日三晩不眠不休でやるかというと、

私が所属していた第一空挺は敵陣地の近く(約100キロ)のところへ、パラシュートで降下します。
降下地点が敵陣地に近すぎては、こちらが攻撃準備をセットする前に相手から攻撃されてしまいます。

ですので、100キロ離れたところへ降下・命がけの着地をし、その後に隊を編成して、
敵の陣地へ隠密行動します!

荷物の重さは・・?

100キロ歩くにも関わらず、背荷物は30kgを超えます😂
嵐だろうが、夏の灼熱の中だろうがやります。
そのため、自分の体の管理がものすごく大切なんです
身近なもので例えると、お米の30kg袋を担ぎ、パラシュートで空から降下する。
その後、すぐに山あり谷ありのでこぼこ道を100キロ、雨の日も風の日も灼熱の中でも歩き続けます。

体の管理って、どんなことするの?

特に私は足のケアを重点的にしていました!
寝るよりも足のケア!休憩ごとに、靴と靴下を脱ぎ乾燥させて足ツボマッサージ!!
これをずっとやり続けると、100キロ歩いた後でも普通に歩けます🦵

逆にやらないとペンギンさんみたいにヨチヨチとしか歩けなくなり、
行軍後の戦いには使い物になりません…

備える大切さ

いかに自分の寝たいという欲求を抑え体のケアをできるかで、
歩いた後の戦いに備えられるかが決まります!
では、三日不眠不休で歩くことを考えると、みなさんはどんな備えで行きますか?
まるで未知の領域ですね。

自然災害が多い日本、地震も多いです。日頃からの備えがいざという時に、皆さんを守ります
最低でも、一人の人間が3日生き延びるためには、最低でも水3Lは必要です。
一気に備える!のもいいですが、消費期限の点も踏まえて、
少しずつ「備え」をしてくださいね!

自衛隊小話②100キロ行軍
タイトルとURLをコピーしました